Q&A

  • プロジェクトについて
  • 受入地域の方
  • 小学校関係者の方
  • 保護者の方
  • 中国四国子ども農山漁村交流プロジェクト推進協議会
  • Q&A
    • [プロジェクト全般]
    • [小学校関係者の方]
  • 受入地域用パンフレット(PDF)
  • 小学校用パンフレット(PDF)
  • グリーンツーリズム
  • オーライ! ニッポン
  • 農林水産省
  • 総務省
  • 文部科学省
  • 子ども農山漁村交流プロジェクト

Q&A

※お問い合わせが多いものなど、順次、掲載してまいります。

1.農山漁村における自然宿泊体験実施校とは何ですか?

3省連携で推進されている「子ども農山漁村交流プロジェクト」の文部科学省のモデル事業として指定された学校です。農山漁村で一定期間の宿泊を伴って体験活動を行うために必要な経費(活動費、移動費、宿泊費など)を国が負担します。

トップへ戻る
2.ふるさと子ども夢学校とは何ですか?

「ふるさと子ども夢学校」は「子ども農山漁村交流プロジェクト」の愛称です。
このプロジェクトは、農山漁村での宿泊体験や自然体験を通じて、学ぶ意欲や自立心、思いやりの心などを育み、力強い子どもの成長を支えること、そして子どもを受け入れる地域が活性化し、交流を通して地域間の相互理解を深めることを目的に、総務省・文部科学省・農林水産省の3省が連携して平成20年度から始まった事業です。
5年後に全国の小学校において1学年規模(約120万人)で交流が行われることが目標とされており、小学生の農山漁村での宿泊体験活動のモデル実施や受入体制の整備に向けたモデル地域の選定などの取組が進められています。

トップへ戻る
3.どんな体験ができますか?

地域の特性を活かした、農林漁業体験、農林水産物加工体験、郷土文化体験、自然観察体験などの様々な体験、また、各地域の民宿や農林漁家等での宿泊体験等の体験が可能です。
詳しくは、各受入地域にご確認ください。

トップへ戻る
4.民宿や農林漁家での生活・宿泊体験とは何ですか?

子どもたちが少人数で農林漁家の家庭に宿泊し、“ふるさと”を体験し、農林漁家の方々と会話し生活の知恵を聞くことから、食事の準備、布団の上げ下ろしなど田舎ならではの生活を体験することです。

トップへ戻る
1:実施にあたって学校ごとの要望を聞いたプログラム作成は可能ですか?

地域ごとに様々な体験メニューを組み合わせて、期間の調整や、学習指導要領に沿ったプログラムの提供などを受入地域ごとに行っています。

トップへ戻る
2:事前学習・事後学習、保護者説明会を取り組みたい

各受入地域では、必要に応じ学校訪問や保護者説明会への参加説明等を行っています。

トップへ戻る
3:授業時数の確保はどのようにすれば良いのでしょうか?

各受入地域によっては、必要に応じ学校訪問や保護者説明会への参加説明等を行っています。各受入地域へご相談ください。

トップへ戻る
4:教員の負担が増加するのでは?

各現地の準備から実施までをサポートする受入地域協議会に委ねることが出来ます。
小学校の教員は訪問先にある受入地域協議会に、農林漁家泊や体験プログラムの手配、地域内の安全管理の実施、体験指導者の確保、費用の清算などの業務を委ねることで、教員の負担を 軽減できます。

トップへ戻る