受入地域の方

  • プロジェクトについて
  • 受入地域の方
  • 小学校関係者の方
  • 保護者の方
  • 近畿子ども農山漁村交流プロジェクト推進協議会
  • Q&A
  • 参加意義
  • 参加メリット
  • モデル地区認定までのフロー
    • 受け入れることを宣言
    • 地域受入協議会の設立
    • 受入準備
    • 受入の実施
    • 反省会の開催
    • 事業報告書の作成
    • モデル地区への登録
  • サポート内容
    • 受入検討地域への支援
    • 受入地域のレベルアップ支援
    • 小学校関係者の方へのサポート
    • 農林水産省の補助金
    • 総務省の補助金
    • 文部科学省の補助金
  • 協議会一覧地図
  • 受入地向アンケート結果
  • 小学校とのコーディネート
  • 受入地域用パンフレット(PDF)
  • 小学校用パンフレット(PDF)
  • グリーンツーリズム
  • オーライ! ニッポン
  • 農林水産省
  • 総務省
  • 文部科学省
  • 子ども農山漁村交流プロジェクト

参加メリット

受入地域にもたらされる2つの効果

受入地域には、ふるさと生活体験の受入を通じて、2つの効果の発現が期待されます。

経済効果

宿泊体験活動の受け入れでは、地域の特色を生かすことが大切です。地域の人材を活用して体験を行ったり、地場産品を食材に用いたりすることが多く、地域内の他産業にもたらす経済波及効果は大きくなります。
(例:地域での費用→宿泊費、体験プログラム参加費、指導者の謝金/帰ってから→通信販売による農産品購入など)
また、子ども農山漁村交流プロジェクトでは、農林水産省および総務省からの財政的支援も充実しています。
受入モデル地域の体制整備のための支援(農林水産省)受入モデル地域の体制整備のための支援(農林水産省)
都市・農山漁村の教育交流による地域活性化推進等事業(総務省)都市・農山漁村の教育交流による地域活性化推進等事業(総務省)

地域資源に基づく人的な活性化

受け入れに伴って地域の歴史や文化が見直され、その結果、地元に対して自身を持ったり、児童との交流によって意識の活性化が図られたりすることで、地元住民に活力をもたらすことが期待できます。
また、活動の成果として地域ブランドや地域イメージの向上にもつながります。
受入検討地域への支援

トップへ戻る