プロジェクトについて

  • プロジェクトについて
  • 受入地域の方
  • 小学校関係者の方
  • 保護者の方
  • 近畿子ども農山漁村交流プロジェクト推進協議会
  • Q&A
  • ふるさと体験
  • 最低1泊の農林漁家泊
  • 省連携による連携施策
  • イメージ図
  • 受入地域用パンフレット(PDF)
  • 小学校用パンフレット(PDF)
  • グリーンツーリズム
  • オーライ! ニッポン
  • 農林水産省
  • 総務省
  • 文部科学省
  • 子ども農山漁村交流プロジェクト

子ども農山漁村交流プロジェクト(愛称:ふるさと子ども夢学校)とは

 「ふるさと子ども夢学校」は「子ども農山漁村交流プロジェクト」の愛称です。
 このプロジェクトは、農山漁村での宿泊体験や自然体験を通じて、学ぶ意欲や自立心、思いやりの心などを育み、力強い子どもの成長を支えること、そして子どもを受け入れる地域が活性化し、交流を通して地域間の相互理解を深めることを目的に、総務省・文部科学省・農林水産省の3省が連携して平成20年度から始まった事業です。
 5年後に全国の小学校において1学年規模(約120万人)で交流が行われることが目標とされており、小学生の農山漁村での宿泊体験活動のモデル実施や受入体制の整備に向けたモデル地域の選定などの取組が進められています。

特徴

ふるさと体験

子どもたちが、農山漁村の民家で宿泊し、その家族と交流したり、その地域の生活を体験したりします。地域の自然や文化などに親しんで見聞を広め、人間関係や集団活動の在り方、公衆道徳などを学ぶ機会を創出します。

将来を担う子どもたちが、この体験を通じて、人としての基礎・基本を身をつけ、自立性、協調性、豊かな人間性など、変化の激しい社会の中で必要となる“生きる力”を育むことができる取り組みとして期待できます。

最低1泊の農林漁家泊

ふるさと生活体験における“農林漁家泊”には2タイプあります。

①農林漁家での宿泊(ホームステイ)②農林漁家民宿での少人数宿泊(民宿泊)

一軒当たり少人数の受入で、児童は数名ずつで分宿します。

宿泊先では、保護者や教員以外の大人との人間関係づくりを行い、家事や各種の作業等を教わりながら、農林漁家ならではの生活文化や食にふれられます。

省連携による連携対策

総務省
受入地域の体制整備、小学校による活動、都道府県協議会による活動を支援する特別交付税の交付を行います。
総務省子ども農山漁村交流プロジェクト研修(PDF)
文部科学省
全国の小学校の参加を目指して、この取り組みを行う小学校を「豊かな体験活動推進事業」の「自然宿泊体験事業」活動実施校として指定し、小学校への活動費の支援を行います。
文部科学省農山漁村での宿泊体験活動の教育効果について
(平成22年8月2日)(PDF)
農林水産省
全国的に地域一体による安全・安心な受入体制の整備を図っていくために、その核となる“受入モデル地域”を指定し、受入体制の整備等の支援を行います。
農林水産省農林漁家宿泊体験の実態と教育効果からみた受入体制の検証(PDF)

子ども農山漁村交流プロジェクト(愛称:ふるさと子ども夢学校)イメージ図

イメージ図

拡大図はこちら(PDF)

参考資料

トップへ戻る