福島県南会津町

南会津農村生活体験推進協議会

体験受入可能時期
通年
受入可能人数
500名(最大)

取組のねらい

 ふだん体験できない田植えや野菜苗の植え付けなどを通じて、自然との共生、食の大事さを学んでいただきます。
また、宿泊については、原則として少人数(3~4名)での農家民泊であり、宿泊先家族と一緒に調理し、食事をしていただくことにより濃密な交流を図るとともに、地域につたわる伝統・文化を紹介します。
季節に応じた農業体験や農村生活体験を行うことにより、農の大切さ、食の大切さ、文化・伝統の維持・保全の重要性を知るとともに、働くことの喜び、協同の尊さを感じ、児童の成長のきっかけを提供したいと考えています。

アクセス

ルート1:
東北新幹線新白河駅下車・車で70分、那須塩原駅下車・車で90分、東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道利用で会津田島駅下車。

ルート2:
東北自動車道・白河ICより車で約70分、磐越自動車道・会津若松ICより車で約60分

■農村生活体験

農家の子どもになって過ごそう

その日、その時の農家で行う日常の仕事や体験を一緒に行います。季節や天候により屋外や室内でも行います。

●特色、ポイントなど

山が間近に迫る地域で、自然を背に思う存分農村生活を味わってください。

 

 

モデルプラン

  • 一日目午前:正午~午後:開校式 ► 午後:午後は農村生活体験(昼食ありの場合は農家さんの家で)
  • 二日目午前:終日尾瀬ハイキング
  • 三日目午前:農村生活体験。昼食を農家さんの家で ► 午後:閉校式

モデルプラン

メッセージ

 南会津町は、福島県南西部の山間の町で、栃木県と接しており関東から会津方面への玄関口であるとともに、尾瀬国立公園の玄関口でもあり、尾瀬散策の出発点となります。
農村生活体験は各受入農家さん宅で、滞在するその日、その時の普段の作業を家の方と一緒に行います。春は田植えや種まきなどを、夏は野菜収穫など畑仕事を、秋には稲刈りや収穫などを、冬には雪国体験などを行います。素朴で自然豊かな南会津で、一緒に過ごしませんか。

photo
協議会事務局長
湯田弘信

宿泊施設概要
農林漁家民宿、民泊農家:120戸 受入人数400名
民間宿泊施設:7戸 受入人数約750名(大型合同宿泊用施設)
協議会組織体制
構成員:南会津町、みなみやま観光(株)、NPO法人、農業法人、民間施設、観光施設
連携する団体:南会津町内各地域の旅館組合、他
受入実績
平成23年度
さいたま市立大宮小学校、千葉県八千代市立村上東中学校、郡山ザベリオ学園小学校
平成24年度
東邦大付属東邦中学校、さいたま市立大宮小学校、本宮市立岩根小学校
平成25年度
千葉県八千代市立村上東中学校、東邦大学付属東邦中学校、千葉県野田市立北部中学校、千葉県野田市立北部中学校(日帰り)

安心・安全対策

  • 1 緊急時における連絡体制、避難体制の整備
  • 2 安全講習、衛生講習の開催
  • 3 総合賠償保険加
  • 4 食物・その他アレルギー事前調査

観光スポット

尾瀬沼、尾瀬国立公園

貴重な高山植物や自然が残る場所です。

MAP

駒止湿原

様々な高山植物の植生が見られる場所です。

前沢曲家集落

国指定伝統的建造物群保存地区の曲家集落です。

MAP

スキー場

だいくら、たかつえ、南郷、高畑の各4スキー場があります。

会津高原だいくらスキー場

MAP

たかつえスキー場

MAP

会津高原南郷スキー場

MAP

会津高原高畑スキー場

MAP

南会津農村生活体験推進協議会

尾瀬沼、尾瀬国立公園

前沢曲家集落

会津高原だいくらスキー場

たかつえスキー場

会津高原南郷スキー場

会津高原高畑スキー場

お問合せ

みなみやま観光株式会社

TEL:0241-62-2250

住所福島県南会津郡南会津町田島字後町甲3973-1
e-mailcontact@minamiyama1.info
URLhttp://www.minamiaizu.co.jp/