岩手県一関市

いちのせきニューツーリズム協議会

体験受入可能時期
通年
受入可能人数
250名(最大)

取組のねらい

 農村の生活体験をしながら、宿泊先家族との交流、農作業、自然とのふれあいなどを体験できます。
滞在時間は短いかも知れませんが、広々とした農村の空間、農家の建物などで過ごす時間はきっと長く記憶に残り、広い視野や考え方をもつ助けになることと思います。
都市部での生活は「消費」だけの毎日が当たり前ですが、農村では日々の生活の中に「生産」があります。そんな生活の体験は児童が将来の職業や生き方を考える時にもきっと役に立つことでしょう。

アクセス

ルート1:
東北新幹線一ノ関駅(東京から最速2時間)

ルート2:
東北自動車道 一関ICより市内各地域(市内移動最大1時間程度)

■農村体験

民泊と農業体験

家庭に泊まりながら家族と一緒に生活と農作業などを体験します。一関の特徴的な食文化、餅メニューのご飯も体験できるかもしれません。

●特色、ポイントなど

家ごとに多様な農業の形態があり、作っている物や経営の形も様々。等身大の農家の姿を見、また家族の人と交流する中で農業の苦労や面白さ、農村の懐の深さを垣間見ることができます。

■農業体験

田植えなどの体験

30人前後の人数での農業体験です。1時間から3時間程度の体験を標準としています。体験内容は、季節により田植え、野菜収穫などがあります。

●特色、ポイントなど

実際に農作物や土に触れながらの作業は、本や教科書からは得られない五感を通じた記憶になります。

■施設見学

農協の施設見学

地元農協の野菜・果物の集出荷場で見学。トマト・きゅうりなどの野菜やりんごなどの選果、包装などの作業を1時間程度見学します。

●特色、ポイントなど

農業体験と合わせると生産から出荷までの流れを学ぶことができます。

モデルプラン

  • 一日目午前:入村式 ► 夜:家庭ごとに3名程度で民泊(二日目も同じ家で民泊)
  • 二日目午前:農村・農業体験(家庭ごと) ► 午後:農家体験体験
  • 三日目午前:農業体験(クラスごと田植え体験) ► 午後:離村式

モデルプラン

メッセージ

一関市は東北地方のほぼ中央、仙台と盛岡の中間に位置しており、人口・面積ともに岩手県内で第2位の都市です。東北自動車道(一関IC)や東北新幹線(JR一ノ関駅)が通っていて、さらには仙台空港、花巻空港2つの利用ができ、空路でのアクセスも充実しています。南三陸、気仙沼、陸前高田など沿岸被災地へも90分ほどで行くことが出来るため、震災教育での足場としても近年注目されています。近くには平泉があり、都市部、農村部、そして世界遺産と子供たちに多様な体験をしていただけるところが、一関市の最大の魅力となっております。

photo
協議会副会長
田中修

宿泊施設概要
農林漁家民宿、民泊農家:140戸 受入人数250名
協議会組織体制
構成員:一関市、花泉グリーン・ツーリズム推進協議会、たっこたい民泊プロジェクト、NPO法人とーばんふうどくらぶ、本寺地区地域づくり推進協議会、京津畑自治会、金山棚田を守る会、一関観光協会、渋民12区自治会、旅のまるく、農家レストランぬくもり、農家民宿三澤、受入農家140軒
受入実績
平成23年度
海外国際交流団体 1団体
平成24年度
関東地区大学実習 他1団体
平成25年度
仙台市立中学校他3校・団体
平成26年度
関西高校他5校・団体

安心・安全対策

  • 1 緊急時における連絡先、基準の策定
  • 2 救急救命講習、衛生講習の開催
  • 3 宿舎賠償責任保険加入

観光スポット

猊鼻渓

日本百景である名勝。のんびりとした舟下りが楽しめます。

MAP

厳美渓

「空飛ぶだんご」郭公だんごが名物です。

MAP

平泉

中尊寺を中心とした世界遺産です。

MAP

須川岳(栗駒山)

登山口に須川温泉があり、登山と温泉が楽しめます。

MAP

いちのせきニューツーリズム協議会

猊鼻渓

厳美渓

平泉

須川岳(栗駒山)

お問合せ

いちのせきニューツーリズム協議会

TEL:0191-82-3111

住所岩手県一関市花泉町涌津字一ノ町29 一関市役所花泉支所3階
e-mailich.newtourism@gmail.com
URLhttp://ichinoseki-newtourism.com/